かつお酒盗(かつを・鰹)

かつお酒盗
かつお酒盗

原材料:鰹 カツオ 「サバ科」

◆かつお酒盗とは??

いか塩辛などとは違い熟成されて出来るものです。

原料は魚の内臓から取れますが、一匹の魚からほんの少ししか取れないとても貴重なものです。

それを塩漬けにして、約一年間熟成された後に酒盗となります。
そのため普通の醤油やタレには味わうことが出来ないコクが生まれます。

以前はお酒のおつまみとして食べる方がほとんどでしたが、
今では料理の隠し味として、幅広く使用されております。

◆かつお酒盗 名前の由来

昔、お殿様がこれを食べると「お酒がどんどん進む、まるで酒を盗むようだ」と
言うことで酒盗と名付けられた塩辛です。

本鰹の胃と腸だけを一年以上、長期自然熟成させて仕上げた塩辛です。

4~5kgの鰹から、わずか50g程度しかとれません。 一般的な鰹塩辛のように
生臭みや苦味のもとになるワタを使用していませんので、食べやすいまろやかな仕上がりです。

昔ながらのかつをの塩辛を食べた いのだけれど塩分が気になって・・・
と言う方に人気のこの品低塩にもかかわらず、保存は製造より1年間(開封後は冷蔵保存)
まとめ買いが多いのはそのためでしょうか。

130g 1瓶 店頭販売価格 540円(税込)

ネット販売限定価格 515円(税込)

数量

SSLショッピングカート 

発送温度帯:常温・冷蔵・冷凍

ページの先頭へ