エボダイ干物

干物(ひもの)えぼだい

商品説明

えぼだい干物について

えぼ鯛の干物は白身で柔らかい品ですので、現代人の食生活に好まれるようです。
骨も柔らかい方なので、歯の良い方は少し余計に焼いて骨ごと召し上がる方もいらっしゃいます。

詰め合わせの干物や、お祝い事、お歳暮を希望される方の中には、金目鯛と
このエボダイを、紅白の彩りとしてお使いになる方が多いです。また、現在この
サイズ、脂は程良い感じです。

エボダイは年々水揚げが減少しており、当店でも品薄状態が続いております・・・

エボダイ干物
品名 えぼだい干物
全長 / 重量目安 16cm前後 / 1枚80g前後 / 店頭販売価格270円

商品知識

 品 種 

疣鯛 イボダイ「イボダイ科」

 地方名

地方名  東京(エボダイ) 関西(シズ) 大阪(ウボゼ) 舞鶴(ヨシ)
熊本(ギチ)鹿児島(コタ)高知(バカ)広島(クラゲウオ)
     静岡県浜松(マメダイ・マメヒラ)

 説 明 

エボダイは全長30cm程まで大きくなります。体は銀白色を帯びた、淡い灰色で
体側には葉脈のような模様があります。うろこは丸く取れやすくなっており
体表からは粘液を分泌します。
英名Japanese butterfishと言われるように脂質が比較的多いがくどい感じではない。

ページの先頭へ