深海魚の干物 メヒカリ丸干し(めひかり)

駿河湾産深海魚メヒカリ丸干し干物

商品説明

深海魚の干物メヒカリ丸干しについて

メヒカリは駿河湾の深海から水揚げされる今注目のお魚です!

居酒屋の干物メニューなどでも見かけるようになってきました駿河湾の深海魚メヒカリ、見た目では
想像がつかない美味しさと、愛称が人気のようです。

うす塩丸干しに仕上げてありますのでお好みで焼いて良し、唐揚げも人気のようです。

駿河湾産メヒカリは相場高が続いており販売を見合わせておりましたが小〜中サイズで製造
大きめはこのサイズの倍の価格・・・なかなか買える方もいませんので。


底曳網漁の状況で期間限定となることも予想されます、予めご了承下さい。

深海魚の仲間達
上の写真はメヒカリ・メギスと共に水揚された深海の仲間達です
(奥の長い魚はネコザメの子、体調15cm位でかわいいいです)

可愛い深海魚トリカジカ
今度はこんな魚が隠れていました(笑
トリカジカと言う深海魚のようです

品名 メヒカリ丸干し
全長 / 重量目安

11cm前後 / 1P 200g
(現在中サイズ13本前後、魚の大きさにより入り数が異なります)
店頭販売価格 702円(税込)

駿河湾深海魚メヒカリ
駿河湾産の深海魚メヒカリ
深海魚メヒカリの干物

商品知識

品 種

アオメエソ「アオメエソ科」

地方名 東京(タチノウオ)和歌山・高知・明石(タチオ)
福島県小名浜(タチノヨ)仙台(ハクウオ・ハクナギ)
説 明

メヒカリは全長20cm程まで大きくなります。

駿河湾の底曳網(そこびきあみ)で捕れる深海魚で、正式名称はアオメエソ、目が光って見えるため
別名 めひかり(メヒカリ)と呼ばれています、沼津ではトロボッチと言うユニークな呼び名です。

ページの先頭へ